平常化に向っており、グリーンゾーンの地区が増えてきました(^o^)

4月26日のレポートでは陽性確認者38人、回復者100人 4月20日以来の死亡者0人でした。 結果、治療中患者数は62人の減となり1,820人となり、明日は治療中の患者数は1800人を切るでしょうね!

4月26日現在、国内のグリーンゾーンの地区(感染確認はあったが回復済みまたは未だ感染確認が無い地区)が67地区に増えております。完治した患者数が日々の新たな陽性確認数を上回っており傾向は一致しています。ただ先週以降からは新たなレッドゾーン地区の増加はありませんが、昨日25日に政府はセランゴール州ゴンバクのセラヤンバル地区を危険エリアとして指定し、EMCO(新しい強化された移動管理命令)の下で隔離閉鎖されました。ただし、多くの地域では新たな感染者の減少そして回復者の増加で現在はイエローゾーン(1〜40ケース)またはレッドゾーン(41ケースを超える)であっても、その地区の感染者が全員完治すれば最終グリーンゾーンへ復帰することができます。MCOでの効果で今後はレッドゾーンからイエローゾーンへ、イエローゾーンからグリーンゾーンへ戻っていく地区もどんどん増えて行く事でしょう(^_^)v

そしてシンガポールですが、4月26日(日曜)の正午の時点で、シンガポールで931人の新しい感染者を確認し、合計は13,624人となりました。今日も昨日以上の陽性確認が報告されていますが、依然大部分は外国人労働者の寮での発生になります。その内でシンガポール人/永住者の陽性確認は15 人のみとなっています。現在はクラスターが発生した寮とその居住労働者は隔離されていますので外部への流出は歯止めしてますが、依然として寮内での感染は多数確認され続けるのでしょうね。
【日々の陽性確認数/治療中患者数/回復者数/死者数】
covid19 trand 0426-3.jpg
【陽性確認数/回復者累計/死者数累計と現在治療中患者数】
covid19 trand 0426-2.jpg
strong>【表をクリックして拡大】
■スポンサードリンク■



【MOH発表データ】
covid19 trand 0426-1.jpg
【表をクリックして拡大】
そして、4月26日の日本の状況は、東京都では72人を確認、都内の感染者は13日ぶりに100人を切りました。週末の検査で少なかったのか?緊急事態宣言の効果か?は1日のデータではわかりませんが、まずは明後日の結果ですか!?....小池百合子知事も公開動画では「曜日の関係で検体の持ち込み数が減っている。決して気を抜くわけにはいかない」と言っておりました。
感染防止で本日確認された72人のうち52人がどこから感染したのかわからないとのことです。やはり外出のリスクは大きいですね!ここは一致協力で従えば感染の連鎖を封じ込られ、その間に罹患者には完治してもらうのがもっとも簡単で最適な方法です、誰もが分かっていますが自粛で市民全員の意思を統一するのが最も難しいのは世の常ですね。
そして2番目に感染者が多いの大阪府ですが、本日16人と昨日の29人よりかなり減となっております。本日より集計時間が4時間早くなったとはいえ、日々50人以上で推移していたのですから、大阪は良くなっているのは確かかと!!
全国合計は26日確認で202人、確認総数で14,128人と全体でも本日の陽性確認数は低くなっていました。...次週、再びぶり返さなければいいのですが(ง •̀_•́)ง‼
■スポンサードリンク■



よろしければランキング投票
ポチっとお願いいたします

にほんブログ村
■スポンサードリンク■
CAMWELL MAIN.jpg


この記事へのコメント