保健省もこのMCOに望みを託して?

マレーシアでは本日も3,000人超の感染者が確認されました。本日はこのところ1000人超続きだったセランゴール州は545人台と大幅に減っていますが、一時的なものか継続して見ないとと分からないところです。保健省のヌ―ル局長は一昨日の会見で新型コロナの潜伏期間が2週間であるため、移動制限令(MCO)の有効性は来週からしか見られないと述べており、放置していればマレーシアの日々の新らたな感染者は2月に5,000人、3月に8,000人に達すると予想されているとの事.で...と言うのも保健省での当初の予測は2月中旬までは1日あたり3,000人は超え無いと考えていたようでした、それが1カ月早い1月中旬に達しており見込み違いについて説明されました。
そして1月13日に始まったMCOですがちょうど1週間を過ぎたところですが残念ながら感染者が依然増え続けています。しかしこれらの人たちは施行前に感染した人であり、日々の増加は想定内と強きの保健省ですが、来週は2週間目のMCOの実施の効果に期待してというところですね!!

1月21日のMOHのレポートでは本日陽性確認者は3170人でした。回復者は2,490人、死亡者は本日は,12人となっています。1月の現在までの合計は171人となります。
本日の発生場所は
州別感染者数20210121.png
【表をクリックして拡大】
これまでの感染者の総数は172,549人となっています。本日も2,490人と、ここ最近は毎日2000人以上の多くの回復者が退院しておりますが、一向に新たな感染者の数が減らず、本日も治療中患者数は668人増となり、累計では41,755人となります。


 

【MCO発令以降の治療中患者数の推移】
直近の治療中患者数の推移1321.jpg
シンガポールでは1月21日(木曜)正午の時点で国内感染者は市内で4人確認されています。その他、輸入感染は34件が確認されており累計では59,235人となっています。




日本の状況ですが本日の東京の新たな感染者は1,471人で、全国集計は5,652人でした。数値的には昨日より少し増えていますが、先週よりわずかですが減っている状況です。先週と今週をみている中では正月休み明け、続いて緊急事態宣言下で再生産率は減少しているのかと新たな感染者より患者の治癒数が勝れば確実に病床使用数も減ってきますので踏ん張りどころかと
【全国都道府県別感染者 1月21日19時30分時点】
全国都道府県別20210121.png
【東京の日々の確認数の3日平均グラフ】
東京都感染者1321.jpg


 

よろしければランキング投票
ポチっとお願いいたします

にほんブログ村

この記事へのコメント