日替わりで今日はクアラルンプールでした(-_-;)

本日のマレーシアのトップはクアラルンプールで493人となっています。ほとんどが既存のクラスタ―から感染者で、本日新たにスンガイムリア建設現場クラスタ―が認定されています。サバ州は昨日の476人から290人と減少しています。サバ州のケースで既存のクラスタ―関与より、濃厚接触者のスクリーニング、通常の検査での確認者が大半となっており、潜在的な感染者の検査受診状況でも大きく変わっているのでは....
本日、ワースト3のセランゴールは238人の約半数がクラスタ―に関与しているもので、新たにヤヤサンクラスタ―が認定されています。このように集団感染が発生するたびに対処は後手になり増大しているケースが多いかと、クラスタ―と認知された時にはすで範囲が広がってしまって、現在の状況になってしまっているのですから.....CMCOでこの局面を乗り切るは正直、難しいかと、もっとも必要なのが「規律を守る道徳」ですが穴だらけ、MCOであれば「条件無用の行動制限」で効果はありますが、今からそんなんことをしていたら国も国民も破綻してしまうでしょう、経済活動を継続するのは大事なことです。しかしセランゴールの手袋会社、クアラルンプールの建設現場でのクラスタ―を例とすれば、個人の問題だけでなく、やはり環境・労務管理には企業のモラルが問われるかと!

11月29日のMOHのレポートでは、本日陽性確認者は1,309人でした。また回復者は1,333人、死亡者は3人となっています。
本日の発生場所はKLが493人、サバ州が290人、セランゴール州が238人、ぺラ州が77人、ケダ州が52人、ペナン州が46人、ジョホール州が37人(うち輸入1人)、ラブアン直轄領が35人、ネグリスンビラン州が32人、クランタン州が6人、プトラジャヤ、トレンガヌ州、マラッカ州が1となっています。
これまでの感染者の総数は64,485人となります。本日は1,333人と本日も1,000人以上の患者が治癒完了、死亡者は3人でした。11月の死者は28日連続で108人となっています。回復者数が本日はわずかですが感染者を上回りましたので、治療中患者数は27人減となり11,481人となりました。




【陽性確認数/回復者累計/死者数累計と現在治療中患者数の推移】
エリアグラフ20201129.jpg
シンガポールでは11月29日(日曜)正午の時点での感染確認で市中で1人確認されています。その他、輸入感染は7件が確認されており累計では58,213人となりました。昨日に続いての1人の確認となります。




日本の状況ですが本日の東京の新たな感染者は418人でした。本日、日曜日で数字は下がっています。全国集計では先週日曜より少し低い数値でしたがそれでも2,000人超えでした。やはり感染者が増えて気になるのは病床問題かと、単純に2週間スパンで感染/回復を繰り返したとして、1日2000人x2週間なら30,000人が常時治療中と言う事になります、全員が入院する必要はないとしても、1日の感染者数が増えていけば、増えた数字に14倍した人が治療中となるでしょうし、いずれ毎日、患者は順次入れ替わって退院していきますが、その間に更に日々の感染者が増えていたら、次の空病床には入れなくなるし、呼吸器が必要でも病院がそのような状態でひっ迫していれば獲り合いになってしまうのでは!?まさかそこまで悲惨な状態になるとは思いませんが、最悪でも医療事情に見合った感染の抑制対策は必須かと、医療崩壊してしまったら、経済どころか後は地獄かと......

11月29日の日本の各県の状況23:59時点で東京が418人、大阪が381人、北海道が192人、愛知が155人、神奈川が151人、埼玉が139人、兵庫が111人、千葉が75人、静岡が66人、沖縄が47人、福岡が43人、茨城が31人、広島が25人、岐阜が21人、三重、群馬が各18人、京都、奈良が各17人、栃木が15人、長野が12人、山形が11人、和歌山が10人、岡山が9人、熊本、岩手が各8人、大分、宮崎、愛媛、宮城が各7人、鹿児島が5人、石川が4人、山口、滋賀、福島が各3人、新潟、長崎が各2人、高知、香川、富山が各1人、検疫15人と、本日の全国合計は2,066人でした。
【東京の日々の確認数の3日平均グラフ】
東京都感染者1129.jpg


 

よろしければランキング投票
ポチっとお願いいたします

にほんブログ村

この記事へのコメント