はじめてPLUS Road Serviceに電話してみました(^-^;

マレーシアに住んでいると、車が無かったらどこへ行くにもほんとに不便で困ります。
現在は今の会社の社用車(2010年製アルティス)を支給してもらっており、長距離走行が再び楽になりました(^O^)

1.カンチェル売りました

ちょっと前までは昨年入手した2004年製Kancil(ダイハツミラ)で移動の足を確保してましたが、その後は併用して近場に行くのに軽自動車は重宝してましたが...
そろそろ1年が経ち保険も更新せねばならないので、少しでも価値があるうちにと処分しました。

Kancil2.jpg

最終ネゴして、RM1,500-(約4万円)で引き取ってもらったのですが、でも入手した時と状態はそう変わっていません。当初のエンジン焼け付きのWAJAとの物々交換の時に幾らか上乗せ金をもらうべきだったと後悔してます。

まあ見た目ではインテリアはボロボロでメーターもまともに表示しないし、シートベルトも着いてない車(後で運転席だけ取り付けしました)で最悪ですが、そんなボロ車でも駆動関係はしっかりしていて故障もなくKL-JB間を何往復もできました、そう考えると売るのは少し勿体無かったのです。.....そして今回のお話しですが定期メンテナンスをしているアルティスでトラブルが起きるなんて思ってもおりませんでした。

2.警告ランプは信じるべし!

この日曜日ですが車を運転していたらメーターパネルに下記のマークが点灯してるのに気づいたのですが、あまり深く考えていませんでした。

Warning Lamp.jpg

そしてこれから、1区間だけですが南北ハイウェイを走るつもりでSKUDAI TOLLに来ました。
その前から走ってて眠かったので、TOLL手前のS.A.のペトロナスの前でちょっと昼寝をと1時間ぐらい寝ていたら、暑くて目が覚めたのでしょう。

するとエンジンが止まっていたのでした。

再始動しようとキーを回しましたが全く反応なし、バッテリーがカラ状態になっているのはすぐにわかりました。

また原因もバッテリーがリチャージされていない為にバッテリーマークが点灯していたことが納得できました。

まずはトラブルシューティングで取説を確認したら....

Instruction.jpg

ランプが付いたら事故につながる可能性があるのですぐに車を止めてディラーに問い合わせするようにと書いてありました。 
このランプの点灯はバッテリーへのリチャージシステムの異常ですので、オルターネーター(発電機)が正常に働いてないのが濃厚です....

少なくともバッテリーはまだ新しいので充電できなくなったと言うこと考えられませんので、やっぱりオルタネーターが発電していないのでしょう。

Alternator Battery.jpg

しかし、走行中のバッテリー切れでエンジンが急停止しなくて良かったのは不幸中の幸いでしたが、TOLL前といえども既にハイウェイにおりますので一般道と違ってタクシーも走っていないので身動きも取れません。

もし新しいバッテリーでも入手できれば1-2時間走行可能かと思いガソリンスタンドで聞きましたが置いてませんでした。

■スポンサードリンク■




3.役に立つか立たないは別にしてPLUSRoad Serviceは無料で親切でした(^^)v

しかし、ハイウェイで困った時はPLUSのRoad Serviceがあります。
ハイウェイを走っていると時々見かけますが、事故や故障の時にPLUSの緊急車が来て対応してくれるサービスがあります。
マレーシアの基本言語はマレー語で、英語も通じますがコミュニケーションの問題もありますので電話での会話は好きではないのですが、今回は非常時ですので致し方ありません。

とりあえず、フリーコールへ電話しました。

PLUS TEL.png

まず助かったのは電話をかけたら、良くある音声ガイダンスはなく直接オペレーターに繋がったので良かったです。
電話サービスで多いのが目的の部署へ繋げるのに、音声ガイダンスで何々なら1を...また何々なら2を...とかの英語の音声の一方通行ですので、理解できずに嫌になることもしばしばあります。

一発でオペレーターに繋がったところまでは良かったのですが、次は居る場所の説明をするのに一苦労しました。
特に場所についてはきっとKLのオフィスに繋がっているからだろうと思いますが、ジョホールの地理は知らないとしても、南北ハイウェイのジョホールの起点のSKUDAIで分かると思うのですが、なかなか分かってもらえませんでした。
通常ははハイウェイの路肩にある距離表示の数字を伝えればいいのですが、無数に有る訳でないS.A.(Kawasan Rehat)なのですがね(-_-メ)

英会話でやはり問題なのはプロナウンスなのですが、何年居ても発音だけは舌が上手く使えないので上達しませんね、また中国語にしても家では常用語で子供たちはネイティブに四音が使い分けれて上達していきますが、私にはまったく違いが分からず、一向に覚えれませんし、またボキャブラリーも増えないので何年一緒に住んでいてもダメですね、未だ日用品の中国語での名前すらわからないものばかりです(^^;

余談でしたが

なんとか配車してくれるという事でしたので、時間はあてにせず待ってましたが、なんと10分ぐらいで来てくれたのにはビックリでした。Σ(゚ロ゚;) ...当然、場所によって待ち時間の違いはあると思いますが一生懸命対応してくれているようですね‼

PLUSのサービスですが、出来る範囲ならは応急処置はしてくれるのかもしれませんが修理・交換等は到底できません。
レッカー(TOL)移動についてもハイウェイ上での緊急避難として最寄りのサービスエリアまでの移動までなら運んでくれるようです、それ以上の移動は自ら業者を呼んでレッカーで引き上げないとならないと言っておりました。

私は既にパーキングエリアに居るので「もう助けることは何もないので、ここは一晩車を止めていても安全なので明日にでも業者を呼んで引き取りに来てもらったら」と言って帰っていきました。
まあ結構、親切そうなスタッフたちでした。

そう言うことで、日曜は会社が常用のワークショップも休みで、レッカーの手配もできないので、ここに一晩置いておく事にして、会社の同僚が迎えに来てくれたので取りあえずは大きな問題も起こらず事無きを得ました。

先週末のKL方面の出張では偶然にも今回はこの車を使わずに別の社用車で行ったのですが、もし使っていたと思うとそれこそハイウェイのど真ん中で立ち往生になっていたでしょう(^^; 非常に幸運だったと今、思えます。

ただ、こう言ったことでは結構ラッキーな方なのですが、しかし人生ではいまいち金運に恵まれないの非常に残念な自分です.......

4.レッカー移動

TOL.jpg

次の日に会社に行ってから、ワークショップにレッカー(TOL)の手配をしてもらったあと、もう一度現地に出かけて引き上げてもらいました。

ホントに遠方地でなく、地元で故障したのは不幸中の幸いでした(^O^)/

■スポンサードリンク■



よろしければランキング投票
ポチっとお願いいたします
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
posted by としポン at 12:53Comment(0)食生活